葛西大会「準々決勝」を勝利し、いよいよ次が「準決勝戦」!決勝への切符をかけて戦う。

先ほどの激戦から、わずか30分の休息。選手達はバナナを食べ、試合に備える。

次の相手は予想通り勝ち上がってきた「ブルーシャークスクラブ」。

先攻は「ブルーシャークス」後攻は「ブルースカイ」で始まった。

ところが・・・、スコアラーがいない。どうしたスコアラー!?

そう、この短い時間では中継機材の準備、スコアの準備、そして (´ー`)y━・~~の時間がない!?

そのため、急遽「佐伯AD」を雇い、機材の搬入を進めたが試合が始まってまってしまった。

すみませんm(__)m そんなこんなで準決勝の生中継は途中からとなってしまいました。

恐るべし、ダブルヘッダー!!

そして、私がグランドに入った瞬間、大変な事が起る。

1回表ワンナウトから2番バッターがレフト前に打つ。通常であればシングルヒットの当り。ところが・・・この球をレフトのマシュウが後逸してしまう!!ボールは転々とグランドを転がっていく。その間にランナーがホームに帰ってくる。

まだベンチにも座っていないのに、いきなり先制点が入ってしまった。

この大事な試合、この失点は痛い。

八幡シャークス戦から連投となってしまった先発のヨウスケ。しかし、浮足立っている私とは裏腹に冷静。後続をサードゴロ、ショートゴロと打ち取り、スリーアウト。

この回は1点で終わった。

 

そして1回裏の「ブルースカイ」の攻撃が始まる。

ブルカイの1番、2番で勢いをつけたいところ。しかし、セカンドゴロ、ピッチャーゴロと捌かれ、ツーアウトとなってしまう。

しかし、ご安心!ここのところツーアウトからも期待できるのが最近のブルースカイ。

まずは、頼れる男、ミサキがセンター前ヒットを放つ。

ところが、続く4番ヒトシ。打った打球はショートゴロ。万事休すかと思われたが、相手の一塁手がエラー。ツーアウト2、3塁となる。

そして、バッターボックスへ悠然と向かうのはヨシミ。

ツーストライクと追い込まれての5球目、これを叩き痛烈な打球がショートへ襲いかかる。

これをショートがはじき、この間に一気に2点。1回で早くも逆転する。

 

2回、ヨウスケ、わずか12球で抑える。しかし、こちらも打線に火が付かず、お互い0点。

そして3回表、今度はヨウスケが打者3人にわずか9球。しっかり省エネピッチングを行う。

その3回裏、ヨウスケが右中間へヒット。その後、フォアボールとエラーを絡め、1点を追加する。

これで3対1。徐々に引き離す。

 

4回表のヨウスケのピッチングは打者3人8球。センターへ2本フライが上がるが、バッティングで調子が悪いダイキがしかっり守備で見せてくれる。

その裏、4年生コンビがチャンスを作る。

8番ユタカが初球をレフト前へ。そして職人リョウマが初球から難なくバントでおくる。

ツーアウトランナー2塁のチャンスを作り出す。

そしてバッターはユウタ、笑顔で打席に入っていく。

そして、これまた初球、センターへジャストミート!しかし、残念ながらセンター正面。この回は0点。

 

そして5回表。3回9球、4回8球ときたら、もちろん5回は・・・そう7球!7番バッターにスリーベースを打たれるという場面もあったが、後続をしっかり断ち0点で抑える。

 

5回裏、ワンナウトで迎える打席は3番ミサキ。「八幡シャークス」戦では3連続フォアボール。その鬱憤を晴らす時がやってくる。

カウントワンエンドワンからミサキが打った打球は1塁線へ痛烈なライナーで飛んでいく。

ボールは転々と臨海D面まで転がっていく。

20120401-DSC_2180

さすがに前回の市川橋の球場とは違い、必死で走るミサキ。

ホームベースに帰り、やっと笑顔を見せる。

20120401-DSC_2212

最高のガッツポーズ!

主砲の一打にベンチが喜ぶ!

20120401-DSC_2248

おっ!ってことは、江戸川大会と含め、これが公式戦通算3本目となるホームラン。そして”あの”約束のホームランとなる。

見返り亀

ついに自らの力で掴み取った。

 

試合はこの回の追加点で4対1ブルースカイ3点のリード。

そして激闘の6回表を迎える。

この回は1番バッターから。またもや「サメ」が牙をむく。

その1番バッターをツーストライクと追い込み、ショートゴロを打たせる。しかし、名手ユウタがまさかのエラー!

ノーアウトでランナーを出してしまう。次のバッターを三振でワンナウトを取るが、この間に盗塁でワンナウト2塁。

そして迎えるは、3番バッター。

このバッターにセンター前へタイムリーヒットを浴び、1点を返される。

続く4番。カウントワンエンドワンから打ったボールはライト前へ。ランナーがサードベースを蹴り一気にホームへ向かう。

それを見た、ライトのヨシミがバックホーム!ヒトシが中継し、好返球が帰る。これをミサキが受け、しっかりブロックし、アウト!

この1点を止めたのは大きい!これでツーアウトとなり、一気に守り易くなる。

ミサキのツーアウトの声が響く。

20120401-DSC_2361

しかし、まだ相手もこのままでは終わらない。

続く5番バッターはセンター前へ打つ。ランナー1、3塁と言うところ。しかし、センターがボールを返すのを躊躇している隙をついて、ランナーが一気にホームへ向かう。

バックホームしたが間に合わない。

その間に1塁ランナーも2塁へ向かう。それを見たみさきがセカンドへ送球し、タッチアウトでやっとベンチも胸をなでおろす。

外野への3つのヒット、エラーがあったが、この回2点で凌ぎきった。得点は4対3。1点差まで詰め寄られる。

次の攻撃が終われば最終回。疲れの見えるヨウスケを考えると、この6回裏でしっかり引き離しておきたい。

この回が勝負どころ!

6回裏の攻撃は、ダイキから。

2球でツーストラクと追い込まれるが、ここからしっかりボールを見極める。

4つのボールをしっかり見て、待望のノーアウトのランナーがでる。

そして、初回にエラーで相手に1点を与えてしまったマシュウが、ヨウスケへの借りを返しにバットを握る。

20120401-DSC_2269

初球はボール球を見送り、2球目を空振り。しかし、気合のこもったスイングをしていることはベンチから見ていても伝わる。

そして迎えた4球目。マシュウが振る!

20120401-DSC_2160

打った瞬間、誰もが空を見上げる。とても長い滞空時間。でも明らかに相手の外野の遥か頭上を越えていく。ようやく落ちてきた場所は臨海B面の内野。

そのボールが高いワンバウンドした時には既にマシュウは2塁へと向かっていた。

ツーランとなるマシュウの特大アーチ!マシュウがゆっくりホームへ帰ってくる。

そして、渾身のガッツポーズ!

20120401-DSC_2297

やったぞマシュウ!しっかりお釣りがくるほど借りを返したぞ!

そして子供たちが、お父さんを待つ!

20120401-DSC_2304

この打順、お約束のロータッチ!

20120401-DSC_2310

この一打で再び「ブルースカイ」が、6対3。その差3点と引き離す。

 

そして迎えた最終回。

ヨウスケが最終回のマウンドにあがる。

また、ヨウスケのピッチングに力が戻る。

三振、ピッチャーゴロと難なくツーアウト。

次のバッターにセンター前へ運ばれるが、既に手遅れ。

最後はこの日、6個目となるサードゴロをユタカが捌き、試合終了。

2012葛西春季大会(ブルーシャークス戦)

ウィニングボールをヨウスケが高々とキャッチ!

20120401-DSC_2380

激闘を勝ち抜いた。

亀を獲得したミサキが「勝利の雄たけび」を上げる。

20120401-DSC_2398

湯田監督、ついに初舞台、葛西春季大会決勝へ駒を進める。

後姿が頼もしく見える。

20120401-DSC_0034

ご父兄の方々。

やりました!ついにここまで来ましたよ。5年生達だけで戦った昨年はくやしい思いをした1年でしたが、最上学年となり、やっと大きな花を咲かせようとしています。

これまで応援して頂いた方々にホントに感謝です。

20120401-DSC_0041

これからもこの子達が何処までいけるか、目一杯応援して見届けましょう!

臨海球場の桜が、「西船ブルースカイ」の様に、もう咲き始めていました(*^_^*)

20120401-DSC_0043

 

そして・・・

もちろん、こんな勝利を祝わないはずがない!

家族と爺婆と、「だんだん」で祝勝会!

20120401-DSC_0047

実は、この「だんだん」。なんと「ブルースカイ」でプレーしていたみんなの先輩がお店なんです。

しかも!!郷監督の息子さん!!

20120401-DSC_0052

郷さんの息子とは思えない!?イケメンです!

新小岩に立ち寄った時は是非、一杯ひっかけて見て下さい。お勧めです(^_-)-☆

 

さー今週はいよいよ、全日本江戸川大会の2回戦!全力で一試合一試合戦っていくぞ!