2013年2月11日。この日をついに迎えてしまった。

私がブルースカイに入って約5年。身近にずっといた君たちが卒団した。

おめでたい日なのに、やっぱり寂しさがこみ上げて来る。

そんな、卒団式「6年生を送る会」の模様を少しお伝えしたいと思います。
船堀小学校の体育館を借りて行った卒団式は、入場曲「心絵」と共に始まった。
入場曲の音量が小さく、ちょっと失敗(>_<)←音響担当
でも、そんなミス忘れさせてくれるぐらい大きな声で、5年生以下の選手たちの声援がカバーしてくれました。
6年生の入場を終え、中里代表が挨拶。
20130211-DSC_4566
そして、まずは腹ごしらえ。
20130211-DSC_4576 20130211-DSC_2265 20130211-DSC_4573
食事の後はデザートの時間。
6年生たちには、それぞれの背番号を入れたボール型のかわいいケーキ付き!
(写真を撮る暇なく、食べられてしまったので、ご想像下さい)
思い出話に花が咲く歓談の時間が終わり、スライドショーへ。
(あの時は画面が小さく、よく見えなくてすみません。こちらでもう一度ご覧下さい。)
 
そして、いよいよ卒団式恒例の6年生を叱咤激励するユダトークの時間。
選手ひとりひとりへ、駄目なところは駄目!良いところは伸ばせ!とバッサリ一刀両断。
選手たちも苦笑い(*^。^*)
そして、湯田監督から直接選手たちへ卒団記念品を手渡しました。
20130211-DSC_458620130211-DSC_459520130211-DSC_459820130211-DSC_461020130211-DSC_461420130211-DSC_461920130211-DSC_462720130211-DSC_463320130211-DSC_464020130211-DSC_464320130211-DSC_465520130211-DSC_466020130211-DSC_466320130211-DSC_467720130211-DSC_468020130211-DSC_4688
卒団記念品はブルカイユニフォーム型の選手名入りキーホルダーと湯田監督からの卒団生の写真を製本したアルバム。
そして、ポップアスリートカップの抽選で当たった名刺型選手カード (*´∀`*)
私は始めて知ったのですが、湯田さんが監督になってからずっと続けている卒団生へのアルバムのプレゼント。
全部自分でこっそり買って、いつも一人で写真を整理し、プレゼントをしていたようです。
今年は、何か手伝わして頂けないかとお願いし、写真の整理をさせて頂いたのですが、これが大変。
5年撮り貯めた写真の枚数は2万5000枚。毎回こつこつ整理しないのも行けないのですが・・・
しかも、いろいろな思い出がこみ上げてきて、全然整理が進まない(>_<)
卒団式前に涙を使い切ってしまうんじゃないかって、本気で心配になるぐらい(^^ゞ
これを毎年、湯田さんが監督をしながら一人でやっていたなんてホント脱帽です。
そして次は、6年生を支えてきたコーチ達の一言。
ヘッドコーチの塚田さんから始まり、正木コーチ、足助コーチ、山根コーチ、そして小林コーチ。
   20130211-DSC_4701
小林コーチは相変わらず、涙がこみ上げて声が出なくなってました (>_<)
そして、選手達も・・・
20130211-DSC_4722 20130211-DSC_4721
また、Cチーム時代に監督をしていた田中コーチも岐阜から駆けつけ、選手達へ一言づつ噛み締めるように話して頂きました。
もちろん、同じくCチーム時代に監督をしていた郷さんも、きっとこの場に来て、選手たちに声をかけてくれていたと思います。
ね、郷さん(^_-)-☆
そして最後は畠山コーチから、贈る言葉を頂きました。
卒団生たちは、たくさんの言葉を胸に刻んだと思います。
この時の言葉を忘れないで、これからも頑張ってね。
このあと卒団生父母より、こんな素敵な寄贈品を頂きました (〃^∇^)o_彡☆
20130211-DSC_4738
ブルースカイのロゴが入った大きな団旗!
団旗には「飛翔」とブルースカイらしい言葉が添えられていました ・゚・(ノД`)・゚・
この団旗の言葉の通り、ブルースカイで一緒に過ごしたみんなが、大きく羽ばたいて行く年にしないとね (^_-)-☆
団旗と優勝旗を広げて、6年生全員で記念撮影!
20130211-DSC_2282
今年の卒団生は、賞状もトロフィーもたくさん!大会名を見ると数々の思い出が目に浮かびます。
20130211-DSC_4741
卒団式はいよいよクライマックス。
5年生キャプテンのケイゴが6年生へ贈る言葉をスピーチし、卒団生代表としてキャプテンのミサキが代々ブルカイに伝わるキャプテンのズボン(水色のユニフォーム)を手渡した。
20130211-DSC_4747
そして退場曲「サヨナラじゃない」と共に、恒例の下級生の選手たちがアーチを作り、卒団生たちを見送る。
この時のみんなの顔は忘れません。
20130211-DSC_4821 20130211-DSC_4816 20130211-DSC_4812 20130211-DSC_4808
おっと、カンちゃんも卒団かぁ。ブルカイのマスコットガール!お務めご苦労様でした。
20130211-DSC_4805 20130211-DSC_4802 20130211-DSC_4798 20130211-DSC_4795 20130211-DSC_4794 20130211-DSC_4790 20130211-DSC_4787 20130211-DSC_2297
20130211-DSC_4778 20130211-DSC_4774 20130211-DSC_4770 20130211-DSC_4765 20130211-DSC_4755
こんないい顔が出来るのは、きっと、みんなが学童野球を「やりきった!」という思いでいっぱいだから出来るんだろうね。
でも、もし「もっと出来ることがあったんじゃないか?」とか「もっと頑張れたんじゃないか?」って思う選手がいるのなら、それぞれの新しいステージで、今度は後悔しないぐらい頑張って下さい。
「有名な人と普通の人を分けるのは何かに打ち込んだ量の差だと思う」そう、誰だか忘れましたがオリンピックの選手が言っていたのを覚えています。
今はまったく感じないだろうけど、時間は限りあるもの。その時間を無駄にせず、何かに打ち込むことは、絶対に君たちを支えてくれる。そんな力を手に入れて欲しい。
あと、もうひとつ。忘れないで欲しいことがあります。
それは、君たちは一人でこの卒団の日を迎えたわけではないこと。
身の回りにいる人たち、君を応援してくれている人たちがいたからこそ、この日を迎えられたことを。
これからそれぞれ新しい目標を見つけて、きっとまた君たちは頑張っていくと思うけど、側でいつも応援してくれる人へ、気づいたときには「ありがとう」って言える人になってほしい。
卒団生のみんな!同じ時間を一緒に過ごせて、本当に最高でした。
「頑張れ」そして「ありがとう」