いつも、このグランドへ向かう時は、『特別』な時だ。

近づくにつれ、胸の鼓動が高鳴る。

まだ、車の少ない旧千葉街道抜けると市川橋が見えてくる。

これから、ジャビットカップ江戸川大会の出場権を賭けた戦いが始まる。

相手は、北支部で共に切磋琢磨してきた好敵手のダックスクラブだ!

お互い手の内は知り尽くしている。

小細工なしの全力勝負だ!

 

試合開始前、グランドは独特の雰囲気に包まれる。

選手達が試合前の練習を始める。

20130428-DSC_0723

 

そして、キーちゃんも団旗を振る練習を始める。

20130428-DSC_0724

 

でも、キーちゃん。

その旗は振るものではないので、飾っておいて下さい(>_<)

 

とにかく、万全の状態で、試合開始を待つ・・・はずだった。

しかし、思いもよらない事態が起る。

キャッチボールをしていたコウキが突然うずくまる。

そして、血を吐く。

駆け寄るスタッフ。場が騒然とする。

しかし、血にしてはやや濃い色。何かの飲み物を吐いただけであれば大事には至らない。

若松コーチが朝何を食べて来たのかコウキに聞く。

「なにも・・・」振り絞るような声でやっと答える。

更に「何か飲んだ?」

「・・・ブ、ブドウジュース」やっと聞き取れるような声で答える。

一方、お母さんと連絡を取っていた私は、状況の説明を口早にし、そして「何か朝飲ませて来ましたか?」と質問する。

「はい、野菜ジュースを飲ませました」

不一致。

しかし、推測するにブドウジュースと偽ってコウキに日々飲ませていた紫色の液体は野菜ジュースだったと仮定するとすべてのつじつまが合う。

謎は解けた。

しかし、重要な戦力であるコウキがもはや戦える状態でないことは明らかだった。

ブルースカイに何かが起り始めていた。

 

今日の先発バッテリーはユタカとケイゴ。

20130428-DSC_0728

ブルースカイは後攻。

先攻のダックスクラブも素振りを始める。

20130428-DSC_0741

両軍ともいつでも戦える状態!

 

そして、ついにその時を迎える。

20130428-DSC_0747

 

掛け声とともに先発メンバーが一斉にグランドへ散る。

20130428-DSC_0750

ポジションにつく選手達。

 

 

ダックスの先頭バッターはユウイチロウ!

そう2年前、あの北支部秋季大会でサヨナラヒットを打たれた相手。

ケイゴは強気のリード!

初球を真ん中に構え、ストライク先攻で攻める。

20130428-DSC_0767-2

初球ストライク!ユウイチロウは手を出さない。

が、次の2球目、ユウイチロウが捉える!

打球は綺麗に左中間を破られツーベースヒット。

20130428-DSC_0768

ワイルドピッチを加え、いきなり、先制点のピンチを迎える。

慎重な攻めになるバッテリー。

続くバッターを際どいところを攻め、フォアボールとしてしまう。

20130428-DSC_0771

盗塁を絡め、ノーアウト2、3塁とピンチが広がる。

内野は前進守備でバックホーム体制。

バッターはセオ。

ツーツーからの5球目を、ショートゴロ!

リョウマがしっかり捕球し、飛び出したユウイチロウをランダウンプレーに持ち込む!

20130428-DSC_0775 20130428-DSC_0777

ケイゴがしっかり追い詰めタッチアウト。

ワンナウト2、3塁に変わる。

依然ピンチのブルースカイ。

そして、ここで迎えるバッターは4番のリクト!

スクイズもある場面。

バッテリーが慎重に攻める。

初球をウェスト。ランナー飛び出さない。

2球目は、相手の裏をかく牽制!

20130428-DSC_0779

意表を突かれたランナーをタッチアウト。

これでツーアウト2塁。

ピンチを踏みとどまり、ここまで来た。

4番のリクトへの3球目、外角をひっかけさせサードゴロに打ち取る!

20130428-DSC_0781

よし、0点で抑えた!!そう思った次の瞬間・・・

20130428-DSC_0783

リュウセイのボールが低いバウンドになる!

これをヒロミが後逸!そのままボールデッドのラインを割る。

2塁ランナーがホームに帰り、先制点を与えてしまう!

更に2塁にランナーを置いて、迎えたくないバッター。5番キャプテンのユウキを迎える。

20130428-DSC_0784

 

このピンチに湯田監督が動く!

20130428-DSC_0786

やるべきことを再確認。指示を出す。

一塁は開いている。

バッテリーが際どいところを攻める。

カウントはワンスリー。ここで出してはいけないワイルドピッチ!

塁は埋まらず1、3塁。

20130428-DSC_0789 20130428-DSC_0790

6番バッターを迎える。

まず、盗塁を入れられ、2、3塁。

しかし、ツーアウト。ここで抑えたい。

選手たちの気持ちも一緒。

第3球目!一塁方向にハーフフライが上がる。

責任感の強いヒロミが果敢に飛び込む!

20130428-DSC_0793

が、わずかに届かない!!

カウントツーツーからの6球目!快音が響く。

打球はライト方向へ低いフライ。落ちれば一気に2点入ってしまう。

そこへ、普段は慎重なリキが果敢に飛び込む!

20130428-DSC_0794

リキがチームのピンチを救う!

喜ぶナインたち!

20130428-DSC_0798

なんとかこのピンチを1点で切り抜けた。

さー攻撃だ!

20130428-DSC_0802

 

ダックスの先発は、もちろんキャプテンのユウキ。

20130428-DSC_0804

 

バッターボックスへ1番のユタカが入る。

カウントはワンスリー。バッティングカウントから、外角の球を引っ掛けてしまう。

20130428-DSC_0816

サードゴロ・・・。

リクトが簡単に捌く。そしてファーストへ。

20130428-DSC_0817

しかし、ハーフバウンドの難しい球となってしまう。

これをファーストが後逸。

20130428-DSC_0818

ノーアウト2塁となる。

リョウマがサインを見る。

ここで、浮き足立っている相手に湯田監督が揺さぶりをかける。

20130428-DSC_0821

職人リョウマが初球をバント!

三塁線へ転がす。

20130428-DSC_0824

ユウキが追いつき、振り向き様にファーストへ。

しかし、これが悪送球となる。

20130428-DSC_0826

ノーアウト1、3塁。

さらに盗塁を絡め2、3塁とチャンスを広げる。

チャンスで3番ケイゴ!

20130428-DSC_0832

この場面でヒットが出れば、初回から一気に流れを取り戻すことが出来る。

カウントはツースリー。

ベンチが固唾を飲んで見守る。

20130428-DSC_0830

その6球目、ケイゴが捕らえる!

打球はセンター前へ。

20130428-DSC_0836

この間にユタカが帰り、まず同点!

20130428-DSC_0840

キャプテンがやってくれた!

20130428-DSC_0843

依然ノーアウトで1、3塁。4番タクマを迎える。

20130428-DSC_0848

その初球にワイルドピッチ!その間にリョウマが入り、逆転に成功。

20130428-DSC_0847

その後、タクマがファールで粘り、7球目でフォアボールを選ぶ。

20130428-DSC_0857

続くバッターは5番。パワーヒッターのリキ。

しかし、ユウキがリキ本来のバッティンングをさせてくれない。

20130428-DSC_0862

簡単にツーストライクと追い込まれたが、ファールで粘り、なんとかフォアボールで出塁。

ランナー満塁とし、応援番長のヒロミを迎える。

20130428-DSC_0868

二球目のパスボールの間にケイゴが帰り、3点目を追加。

20130428-DSC_0873

ここでヒロミに待望の一発が出る!

打球はレフトへ。

20130428-DSC_0877

タクマが入り4点目。差を3点とする。

20130428-DSC_0878

ナイスバッチ!ヒロミ。

出来れば、この回で一気に引き離したい。

20130428-DSC_0881

まだ、ノーアウト1、3塁。盗塁で2、3塁にし、バッターリュウセイ。

20130428-DSC_0884

そのリュウセイがカウントツーツーからスイング!

ファースト方向のファールグランドへふらふらっとフライが上がる。

20130428-DSC_0900

これをしっかりファーストが反応し、がっちりキャッチされる。

20130428-DSC_0901

ワンナウト。

これで、きっといつものダックスに戻ってしまう。

打順は8番のタカユキ。

20130428-DSC_0906

カウントツーボールとなったところで、湯田監督が動く!

ここで、ツーランスクイズ!!

タカユキが高めの難しい球をしっかり転がす!

20130428-DSC_0908

リキが帰りまず1点!

20130428-DSC_0910

タカユキがアウトになる間にヒロミがホームへ。

危ないタイミングだが、ヒロミがホームを踏み、2点!

20130428-DSC_0914

ツーランスクイズ成功!

タカユキとヒロミを迎える。

20130428-DSC_0917

初回、6点。

ツーアウトランナーなしでユウタ。

20130428-DSC_0922

いつもの調子となってしまったユウキがストライク先行で攻める。

ツーナッシングと追い込まれ、難しい球を振らされる。

20130428-DSC_0924

サードゴロとなり、この回を終える。

20130428-DSC_0928

立ち上がりのエラーを最大限に活かして、無駄なくランナーを帰した!

この結果にタダスも満足!

20130428-DSC_0932

 

2回表、5点のリードを貰ってマウンドに上がるユタカ。

ここで抑えなければエースではない!

しかし、ここで異変に気付く。

試合前から気にしていた脇腹をこの回からしきりに押さえている。

20130428-DSC_0948

この回先頭のコモリンがファースト方向へゴロを打つ!

ヒロミが飛び出し、処理するがトスが遅れ内野安打としてしまう。

20130428-DSC_0958

ノーアウトランナー1塁と置いて、バッター8番。

このバッターをショートフライに打ち取り、ワンナウト!

そして、9番のナオトを迎える!

ボールを芯で捕らえるバットコントロールは天下一品。体が小さいといっても、この子は9番ではなく影の1番!

この子を出すと上位打線に返してしまう。

慎重に攻める。しかし、ボールが先行!

ワンスリーから狙い澄ましたようにナオトが打つ!

20130428-DSC_0969

リュウセイが果敢に飛びつくが届かない!

20130428-DSC_0970

しかし、これをタカユキがダッシュで詰め、セカンドへ!

判定は・・・。

20130428-DSC_0975

アウト!!

ツーアウト1塁とし、2塁ベースを踏ませない。

20130428-DSC_0985

しかし、ユウイチロウへデッドボール。

今日はユタカの調子が明らかにおかしい。

しかし、鋭い牽制でナオトを挟む!

20130428-DSC_0988

ランダウンプレーに持ち込みリュウセイがタッチアウトにする。

20130428-DSC_0991

2回表を0点で押さえ、流れを渡さない!

 

2回裏、ブルースカイの攻撃!

打順は1番ユタカから。

初回同様、ノーアウトのランナーを置いて一気にたたみかけたい!

そのユタカへの初球。芯で捕らえる!

打球はライナーでショートユウイチロウ頭上へ。

しかし、ユウイチロウがこの打球に反応!ショートライナーとする。

 

ユウイチロウのこのプレーがダックスにいつもの勢いを呼び覚ます。

次のバッターはリョウマ。

ユウキは、初球から攻めのピッチング。

ワンストライクから、リョウマが5球連続でファール。

ユウキも闘志むき出しのピッチング!

その気迫にキャッチャーのセオも応える。

届かないようなキャッチャーフライにも飛び込む、何回も。

20130428-DSC_1003

その気迫に押され、リョウマはセカンドゴロ。

20130428-DSC_1007

がっちり、ナオトが捌く。

20130428-DSC_1009

これでツーアウト。

20130428-DSC_1011

そして、キャプテンのケイゴも三振に切って取られる。

20130428-DSC_1016

三者凡退!

初回に大量得点を取れて本当に良かったと胸を撫で下ろす。

 

3回表、5点差で油断しては行けない。こういう時のダックスは強い。

ここも0点で押さえて追撃を許さない姿勢を見せたい。

この回先頭のリクをショートフライに打ち取りワンナウト。

20130428-DSC_1029

 

しかし、3番セオにデッドボールを与え、ワンナウト1塁。

4番リクトを迎える。

その2球目をサードゴロに打ち取り、ダブルプレーと思った瞬間。

リュウセイにエラー。

ランナー1、2塁となる。

20130428-DSC_1035

ここで、迎えるのはキャプテンのユウキ。

その前の回のピッチングで気持ちが乗っている。

20130428-DSC_1037

しかし、戦う以前にユタカの制球が定まらない。

フォアボールとし、ワンナウト満塁としてしまう。

 

ここで、ピッチャーを交代。

厳しい場面でタクマがマウンドへ。

20130428-DSC_1044

まず、最初のバッターを押さえてリズムを作りたいところ。

しかし、その第一球目を叩かれライトとセカンドの間に落ちる。

20130428-DSC_1047

これがヒットとなり、与えたくない1点を返される。

 

20130428-DSC_1051

ここからタクマの目が覚める。

続く7番、8番を連続三振!!

このピンチを1点で凌ぐ。

 

3回裏、打順は先ほど好投を見せたタクマ!

20130428-DSC_1059

気持ちが乗っている。

そのタクマ、ツーナッシングから一振り!

20130428-DSC_1063

打球は右中間を深々と破る!

20130428-DSC_1065

タクマは三塁を回りホームへ!

20130428-DSC_1068

ボールは帰ってこない。

タクマホームイン!

20130428-DSC_1071

皆がタクマを迎える。

20130428-DSC_1077

お母さん達まで迎える (〃^∇^)o_彡

20130428-DSC_1078

一振りで先ほどの1点を返してしまう。

この一打は大きい!

5番のリキはストレートのフォアボールで出塁。

再び流れをつかむ。

リキがサインを確認。そして・・・

20130428-DSC_1081

盗塁!しかし、セオがナイスボール。

タイミングはアウト。

20130428-DSC_1083

しかし、ボールがこぼれる。

盗塁成功!

2塁にリキを置き、先ほどタイムリーを放っているヒロミ。

20130428-DSC_1087

芯でボールを捕らえるが、これはレフト定位置。

レフトフライとなる。

20130428-DSC_1089

ワンナウト2塁。

パスボールの間に3塁へリキが進塁。

バッターのリュウセイは・・・

20130428-DSC_1094

これは、ショートゴロ!

しかし、フィルダースチョイスの間にファーストを駆け抜ける。

20130428-DSC_1100

1回にスクイズを決めたタカユキを迎える。

ここで、バッテリーミスが起る。

20130428-DSC_1103

この間にリキが帰り、この回2点目!

20130428-DSC_1105

リュウセイはサードへ。

20130428-DSC_1113

ワンナウト3塁。

タカユキは・・・

20130428-DSC_1115

ここで今日2打席目のスクイズ!!

これをしっかり叩き付けスクイズ成功!

20130428-DSC_1117

この回3点目を奪う!

続くユウタがビッチャーゴロに倒れたが、9対2、点差を6点とする。

20130428-DSC_1129

 

しかし、ベンチから一人動けない選手がいる。

そう、ユタカだ。

お腹を抱え動けない。

選手交代し、俊足サクヤがセンターへ!

20130428-DSC_1132

 

4回表が始まる。

打順は先ほどレフト前を打っている9番のナオト。

タクマ、ツーナッシングと追い込みながらも3球目を捕らえられる!

打球にリョウマが飛びつくがレフトへ抜けて行く!

20130428-DSC_1156

20130428-DSC_1158

レフト前ヒット!ノーアウトのランナーを背負い打順は1番ユウイチロウへ。

20130428-DSC_1176

ここは、タクマが気迫のピッチング!

20130428-DSC_1159

キャッチャーフライに打ち取る!

20130428-DSC_1179

ワンナウトを取る!

続くバッターリクの場面で、ダックスも動く。

ナオトが盗塁で2塁を落とす。

そしてすかさずリクがライト前ヒット!

盗塁も絡め、2、3塁で3番をセオを迎える。

そして・・・

またもライトへ連続ヒット!

この当たりで一気にランナーが二人帰り、2点タイムリーとなる。

20130428-DSC_1191

まだ、ワンナウト1塁。

ここで、踏ん張りたいタクマ。

続く4番リクトをサードフライに打ち取る。

20130428-DSC_1173

これでツーアウト1塁。

5番のユウキが打席へ。ここでタクマがフォアボールを出す。

この試合ユウキが3打席連続フォアボール。

ツーアウト1、2塁。後続をここで断ち切りたい。

しかし、その思いとは裏腹に6番にピッチャーの頭を越される当たりが出る!

20130428-DSC_1200

しかし、ブルースカイの守備の要のリョウマがピッチャーの裏に入り、華麗な送球!

20130428-DSC_1202

リョウマのファインプレーで追撃を断ち切る!

20130428-DSC_1204

時間的には次の回が最終回。

ここで引き離しておきたいところ。

 

しかし、ダックス吉田監督も動く。

キャッチャーのセオがピッチャー。

ユウキがキャッチャーに入る。

20130428-DSC_1233

打席にはユタカと変わったサクヤ!

20130428-DSC_1226

ブルカイの攻撃的守備をするリベロ!?のサクヤ。

バッティングではどんな攻撃を見せてくれるのか?

20130428-DSC_1229

あえなく三振 (>_<)

しかし、ここは外角に綺麗に決めたセオを褒めるべき。

しかも、ツーツーから三球連続ファールで粘り、変わったばかりのセオに9球も投げさせる。

先頭バッターの役目を十分に果たす!

 

これだけ球を見せてもらって職人リョウマが捕らえられない訳がない。

ツーツーからの6球目を芯で捕らえる!

20130428-DSC_1237

しかし、ライト正面。ツーアウトとなる。

20130428-DSC_1239

最終回前、このまま終わる訳には行かない!

頼むキャプテン!

20130428-DSC_1245

そんな思いにケイゴが応えてくれる!

打球はレフトの頭上を越えて行く。

ケイゴは二塁ベースを蹴る。

20130428-DSC_1249

スリーベースヒット!

一人で一気にチャンスを作り上げる!

20130428-DSC_1251

ここで、迎えるのは前の打席でホームランを放っているタクマ!

選手達の応援もひときわ大きくなる。

そのタクマ。

初球を一振り・・・そして、ボテボテのゴロ!

20130428-DSC_1256

しかし、ボテボテなだけに面白い当たり。

タクマが全力で駆け抜ける!

リクが大きく伸びる!

判定は・・・?

20130428-DSC_1258

アウト!!

リクのナイスプレーで、追加点を阻まれる。

これで、9対4と変わらず5点差。

初回の貯金のまま、最終回に入る。

 

タクマが勝利へのキーポイントとなる先頭バッターと対峙する。

しかし・・・デッドボール。

出塁させてしまう!

20130428-DSC_1270

ノーアウト1塁。

ここで一番大事なことは、ランナーを貯めないこと。

打席には8番バッターが入る。

ツーストライクまで簡単に追い込むがそこから粘られる。

そして、6球目!タクマ、三振を取る!

これでワンナウト!

打席には今日2打席ともレフト前へヒットを打っているナオト!

その初球を狙い澄ましたようにスイング!

しかし、ここはタクマが勝つ!

ピッチャーフライ。

20130428-DSC_1272

少し大きめに飛び出した1塁にすかさず送球!

判定は・・・

20130428-DSC_1274

セーフ。まだ試合は終わらない!

ここで打順は戻り、1番のユウイチロウ。

カウントワンエンドワン。

その3球目・・・コモリンがスタートを切る!

絶妙なスタートを切り、盗塁を成功させる。

4球目は空振り。

さー追い込んだ!

5球目・・・ファール。

6球目は・・・ユウイチロウがタクマのボールを捕らえる。

20130428-DSC_1284

打球は、ブルカイで最も鉄壁のポジションショートへ!

20130428-DSC_1287

リョウマがファーストへ送り、試合終了!

20130428-DSC_1289

初回の貯金をなんとか守った。

20130428-DSC_1293

結果はご覧の通り。

2013江戸川大会3回戦(ダックス戦)

1回裏の大量得点がなかったら試合はどうなっていたかわからない。

初回のワンナウトが如何に大事なものか、痛感した試合であった。

20130428-DSC_1295

ダックスは葛西大会で既に都知事杯江戸川区予選の出場権を持っている。

ブルースカイはこの試合でジャビットカップの出場権を手に入れ、やっと肩を並べることが出来た。

20130428-DSC_1297

明日の決戦は、ダックスに恥じない戦いをするのみ!

一つ大きなものを背負い駒を進める。

20130428-DSC_1302

そう、目標として来た都大会出場をするために越えなければ行けない壁、「雷サンダース」を越えて夢を叶える!

いよいよ明日だ!

20130428-DSC_1307

応援への挨拶。

・・・ん?

20130428-DSC_1308

ここで今日2つ目の異変に気付く・・・。

選手が一人いない。ベンチにもいない。

ユタカは何処に・・・。

腹痛がひどくなり、地面にうずくまったまま横たわっている。

すぐに、休日診療医を調べ、小松コーチに江戸川の医師会に連れて行って貰う。

「いったいブルカイに何が起っているんだ」

動揺を隠しきれない。

明日は、待ったなしの4回戦、そして勝ち抜けばダブルヘッダーで準々決勝がある。

チームは一時の喜びに浸っている。

でも、ヒロミ。そんなことをしている場合じゃないぞ!

20130428-DSC_1328

 

試合後のミーティングが終わりかけた頃、携帯電話が鳴り響く。

慌てて出るとユタカの状況を伝える連絡。

 

まわりのコーチ達が、「どうだったと聞いて来る」

「休日診療医ではわからず、いま救急車で墨東病院に搬送されたって連絡が・・・」

まさかそこまでの状況を想定していなかったため、冷静に受け止められない。

 

そして、次の瞬間3つ目の異変が起っていたことに気付く。

「車の鍵がない・・・」

そういえばユタカにかかっていたブルカイジャンバーは・・・お、俺の?

あのポケットに車の鍵が・・・だが既に救急車の中。

人間の無力さを感じる。

あの、真ん中のお宮の神様はなんだったんだ・・・。

 

TO BE CONTINUED・・・