昨年暮れに続き、今日は冷感・温感について少し書きます。

冷感:冷やします。急性期に使用します。捻挫、突き指、デッドボール(打撲)等にすぐに使用します。腫れ、熱感などが有るときです。シップに含まれる水分、L-メントール、サリチル酸メチル(グリコール)などの成分が冷却したり、鎮痛します。少し臭いがキツイですかね。テープよりシップが冷却には適しています。

温感:温めます。慢性期に使用します。肩こり、腰痛などです。熱感があったり、腫れているときは使用しません。主にトウガラシエキスに含まれるカプサイシンによって血行を良くします。トウガラシを使用しますので、チリチリと感じて我慢できない場合もありますが、腰痛などにはいいですよ。入浴して気持ちがいいなーと感じる症状には温感です。(カイロではありません)

その3に続く・・・